名古屋主の栄光教会に通う男性社会人ジンジャーのブログ

名古屋にある主の栄光教会に通うサラリーマンが、神様を感じた日常をジンジャークッキーのように軽めに綴っていきます。

青春、フォーエバー☆

アイドルグループ風のタイトルにしてみました。

 

先週末は、夜にテニスをして翌日の夕方にはサッカーをしました。

一緒にテニスをした友達の中には、その日の朝にサッカーをして、さらにその翌日の夕方もサッカーをしている人もいました。

彼はテニスの前に一風堂のラーメン一杯特別価格550円、さらに替え玉何回でも無料キャンペーンで、替え玉4つ頼んだそうです。

僕たちがスポーツをやる時は、参加してる大学生が「部活を思い出す」と太鼓判を押すくらい、まずはフットワークからみっちり練習する時もあります。

テニスも、ボレーからサーブ練習、夜の8:30までみっちりでした。

 

まるで青春時代のような週末でした。

 

僕の実際の「青春時代」、たとえば大学生活はどうだったかというと、

土曜日の夜10時から翌朝の5時まで居酒屋にみんなで集まり、

朝帰りに、すき家の朝定食。

週に4回くらいは友達とすき家に行っていました。

その翌日はバイトで深夜2時帰り、帰りに繁華街を突っ切って長浜ラーメン食べてました。

 

f:id:lgcginger:20210415130951j:plain

スポーツとラーメンと牛丼は、男子からは切り離せないようです

 

食べて、トーク番組の縮小版みたいな話を夜通しして、寝て。

 

それなりに楽しかったですが、

思い返すと、あまりにも無味乾燥、

当時も、日常が惰性で流れていくのが、辛かったというか虚しかったです。

 

 

もしも主がわたしを助けられなかったならば、

わが魂はとくに音なき所に住んだであろう。

-詩篇9417節-

 

 

 

音が無い世界、どういう世界なのか想像してみましたが、

愛する人の声も聞こえない、日常で頭に浮かぶ音楽もない、波の音、風の音もない。

 

ただただ味気ないです。

大学時代がまさにそうでした。

音が無い、生きている心地がしない、そういう感覚でした。

 

結局、側にいてくださる神様という存在を学んでからが、僕の青春でした。

 

神様を意識するから、スポーツをしても学ぶことが多いです(だから自然とハードワークにもなります)。

 

神様の世界で希望を持って生きるから、生きた心地がし、

友達と過ごしてもラーメン食べても何をしても、味気ない、もしくは虚しいということはありません。

 

もちろん学ぶべきことは学ばなければなりませんが、

希望と夢が今後も満ち溢れる、

青春、フォーエバーです。

 

 

 名古屋 主の栄光教会 ジンジャー